美と健康のコラム|多摩区、川崎の美容エステです。しわ、たるみなどでお悩みの方。フェイシャルエステならキャネットへ!

美と健康のコラム

マクドナルド&マクロビ

2015/03/28

マクドナルドのハンバーガーを
ひと口30回噛んで食べるのと

マクロビオティックの玄米菜食を
ひと口5回噛んで食べるのでは…

どちらが健康にいいでしょうか?

元神奈川歯科大学教授、斎藤滋氏の
著書「噛めば噛むほど13の奇蹟」
には次のような記述があります。

卑弥呼は1食3990回噛み、
1回の食事時間は51分でした。

徳川家康は1食1465回噛み、
1回の食事時間は22分でした。

戦前の日本人は1食1420回噛み、
1回の食事時間は22分でした。

戦後の日本人は1食620回噛み、
1回の食事時間は11分です、、、

家康から戦前まで、約300年以上
経過しましたが、噛む回数に
大きな変化はありません。

ところが戦後50年という短い期間で
家康に比べて半分以下しか噛まない
食文化ができてしまっているのです。

私達は自分の命を維持するために、
他の植物や動物の命を「食べ物」
としていただいていますよね。

ところが、食べ物も「命」ですから
自己防衛機能があり、食べられないよう
毒素を持っていることも多いのです。

たとえば、ジャガイモの芽には
ソラニンという自己防衛の毒素が
含まれているのは有名ですよね。

植物は、この毒素を持つことで
無制限に食べられることを避けて、
種の存続をはかっている面もある。
だから、穀物(玄米)や野菜にも、
毒素が含有されているものです。

この毒を含んだ植物を「食べ物」に
するには、食べる人間側が毒消しを
しなければならないのですが…

その毒消し役として
活躍するのが「唾液」です。

唾液のパワーを侮るなかれ。

実際、国立がんセンターの研究で、

「手術して切り取ったがん細胞に
9歳の男の子の唾液をかけたら
次の日には正常な細胞に戻った」

なんていう研究結果もあるんです。

どんなに素晴らしい玄米や
有機栽培の野菜を食べても、
よく噛まないで唾液が十分に
分泌されないと解毒できない。

* *

唾液が持つ驚くべきパワーと、
食べることの「意外な意味」を
改めて認識させられました。

食事の時、よく噛んでますか?
早食い大食いの私には耳が痛い話なんですが ( 汗 )

ひと口目だけでもよく噛めば、
唾液はしっかり分泌されます。

子供の頃「よく噛んで食べなさい」
と、誰もが教わったと思いますが、
忙しい現代社会に生きる私たちは、
改めて意識する必要がありそうです。

現在、食の情報は溢れてます。
カラダに悪いものを減らすのは、
確かに素晴らしい心がけです。

しかし、あまりに過敏になって、
有害な添加物を100%避けようと、
窮屈な食生活を送るよりも…

人間のカラダの機能に感謝して、
よく噛んで美味しく食べるように
心がけるほうが…幸せじゃないか
と、思うのですが…

いかがでしょうか?

この変化の多き世の中で、
その変化に適応してくれている
私たち人間のカラダというのは…
改めて「凄いな!」と思いますね♪

PAGE TOP
COPYRIGHT © 多摩区、川崎の美容エステ、フェイシャルエステはキャネット。 ALL RIGHTS RESERVED.