美と健康のコラム|多摩区、川崎の美容エステです。しわ、たるみなどでお悩みの方。フェイシャルエステならキャネットへ!

美と健康のコラム

歩けなくならない為に

2015/08/05

太陽の光に含まれる紫外線は、
コレステロールをビタミンDに変える
作用があるため、

 

太陽の光に当たる機会が少ないと
ビタミンDが不足しがちになります。

 

カルシウムの吸収を促進して、血液中のカルシウムを骨に運ぶための

役割を果たしているのがビタミンDです。

 

そして現在、日本人女性の
2人に1人が不足している
と言われているのが、このビタミンD。

 

1日中会社の中で過ごすことが多く、
太陽の光に当たる機会が少ない上に、

 

「美白」「日焼けによるシミ、乾燥」
を恐れて、紫外線を避ける女性が
多いからだと言われています。

 

たしかに、
太陽の光に当たる=メラニン増産
っていうイメージが先に来ますよね…
では、
「ビタミンDのために
日焼けしなきゃならないのか!」
と言うと、そうではありません。
逆に、
メラニンが増えて日焼け状態になると、
コレステロールに必要な紫外線が
メラニンに遮られてしまいます。

 

ですから、
今の時期だと木陰で30分ぐらい
日光浴をするだけでもいいそうです。

 

それだけでも、私たちのカラダに
必要なビタミンDを
生成することができます。
適度にバランスよく、
メラニンさんが頑張り過ぎない程度に
陽に当たることが大切ですね。

 

顔に 日焼け止めは しっかり塗って下さいね。

 

PAGE TOP
COPYRIGHT © 多摩区、川崎の美容エステ、フェイシャルエステはキャネット。 ALL RIGHTS RESERVED.