美と健康のコラム|多摩区、川崎の美容エステです。しわ、たるみなどでお悩みの方。フェイシャルエステならキャネットへ!

美と健康のコラム

電気つけたまま寝ると

2015/06/03

先日のことなんですけどね、
やってしまいました…

 

仕事が終わって家に帰り、
ベッドに突っ伏したまま、
電気をつけたまま寝てまして。
ああああぁ…電気代が(*_*;

 

っていうセコい考えもありますが
嘆くべきはそこじゃありませんで。

 

この電気つけたまま寝るっての、
思った以上に深刻みたいなんです。

 

というのもですね…

 

電気を消して眠った場合、
私たちの脳は大量のメラトニン
別名:睡眠ホルモンを生産し、
覚醒→睡眠へと切り換えて、
自然に眠りを誘ってくれます。

 

電気消し忘れたら…
コレが台無しになるわけで。

 

また、電気をつけたまま眠ると
目をつぶっていても目が光を
感知してしまうため、カラダは
起きていると錯覚してしまう…と。

 

目をつぶってても、
周囲が明るいか暗いかって
わかりますもんね(^_^;)

 

しかも、、、

 

2013年に奈良県立医大の研究者が
真っ暗の部屋で眠れない人が
豆電球を点けて寝ることに対して
豆電球の明かりが肥満に繋がる
可能性があるという結果を発表…

 

眠っている間に光が当たりすぎると、
メラトニンの精算が抑制されて、
それによって眠りのリズムが崩れて、
代謝が下がって、太りやすくなる…

 

光が生体リズムに影響を及ぼして、
食欲が強くなったり、中性脂肪が
高くなる「脂質異常症」に繋がる…

 

若返りホルモンとも言われる
メラトニン生産量の低下は、
早期老化にもつながる可能性が…

 

オハイオ大学の研究では、
ランプを付けたまま眠ると、
日中、気持ちが冴えなくなる…
ひーーーーー∑(゜д゜lll)
ということで、今日から
しっかりと暗闇の中で
眠りにつきたいと思います。

 

電気消し忘れる…っていう
ちょっとしたうっかりミスが、
想像以上におそろしいことで
焦りましたが、調べてみると
とてもいい勉強になりました。

 

しかし、、、

 

眠るのって、当たり前すぎて
人間の生理的欲求でもあるし、
あまり意識しないところですが…

 

小さなことでも毎日の睡眠に
大きな影響を与えている…
(※しかも日々繰り返しです)

 

 

PS
ちなみに、ある女性1670人を
対象に行った実験によれば、、、

 

完全な暗闇で就寝していたグループと、
明るい光の中で就寝していたグループを
10年間追跡し比較調査したところ、
光の中で就寝していたグループは
もう一方より、乳がんの発症リスクが
22%も高かったことが判明したのだそう。

 

改めて…睡眠って大事ですね。

 

お布団に入ってからも
スマホでゲームしたり、
ブログやFacebookを見たり、、、

 

あれも強い光を受けているので
睡眠には良くないんですよね。

 

寝る1時間以上前は
テレビやスマホから離れる
習慣もつけたいものです、、、

PAGE TOP
COPYRIGHT © 多摩区、川崎の美容エステ、フェイシャルエステはキャネット。 ALL RIGHTS RESERVED.