美と健康のコラム|多摩区、川崎の美容エステです。しわ、たるみなどでお悩みの方。フェイシャルエステならキャネットへ!

美と健康のコラム

美髪のための食べ物

2019/05/05

30代になると、
なんとなく気になり始めるのが
白髪

だけど、体質だから、
年だからと諦めないで!
きちんと対策をして、
今ある髪を守っていきましょう。

 

 

まずは
食生活の改善が必須項目。

 

そもそも髪は頭皮で作られます。
頭皮環境を整える事は
もちろん大切ですが、

 

 

健康な髪を育むにはまず
食生活が一番大事。
当たり前のように聞こえるかと
思いますが、

 

体を巡る栄養が毛穴の奥にある
毛母細胞や、

 

色素を作り出すメラノサイトの
働きに影響するので、

 

食生活の偏りが原因で髪の
成長サイクルが滞っている人が
とても多いのです。

 

現代の未病とも関係します。

 

髪に必要な栄養素は黒い食物から摂取しましょう。

食材を色で分けるのは中国医学の
理論に基づいてつくられる
薬膳料理の考え方。

 

カラダの肝・心・脾・肺・腎の
「五臓」に、それぞれ、

 

青・赤・黄・白・黒の「五色」
の食べ物を摂って機能を高めて生きます。

黒食材漫画.jpeg

中国医学では「腎」は泌尿器と
生殖器を司どり、

 

生きるための生命力を蓄える臓器。

 

ここが弱ると肌ツヤが悪かったり
疲れやすかったりと実年齢より

 

 

老けて見えることも。
女性は大切にしたい部分です。

 

 

黒い食材は「腎」に働きかけ
老化を防止し滋養強壮に
つながると言われています。

 

 

そして「腎」の生命力は
髪にツヤとして現れるのです。

 

 

黒い食材に含まれる
アントシアニンは抗酸化作用があります。

そして
積極的に魚介類も摂取しましょう、
豊かな髪の元となる頭皮に十分な
栄養が行き渡りますよ!

白髪予防にはメラニン細胞を増やそう!

黒い髪の色を作る元は、
メラニンという細胞です。
このメラニンの量を増やして
くれるのがチロシン。
チロシンもまた食生活から
増やす事が出来るのです。
そのチロシンを作ってくれるのが、
大豆やピーナツなどの豆類、
チーズなどの乳製品。

そしてちりめんじゃこや
タラコにもチロシンを
作り出す働きがあるそうです。

チロシンには、
集中力の向上やストレスの緩和、
鬱病などの症状緩和にもと聞きます。

30代から予防を
40代は予防と改善を
50代以上は染めても健康な頭皮を

 

PAGE TOP
COPYRIGHT © 多摩区、川崎の美容エステ、フェイシャルエステはキャネット。 ALL RIGHTS RESERVED.