プラセンタエキスを含むサプリメント|多摩区、川崎の美容エステです。しわ、たるみなどでお悩みの方。フェイシャルエステならキャネットへ!

プラセンタエキスを含むサプリメント

プラセンタエキスを含むサプリメント

プラセンタとは母体のお腹の中で赤ちゃんを守り、育てる役割をもった「胎盤」のことです。

プラセンタ療法とは 人や動物の胎盤から抽出したエキスを治療などに使う療法を意味します。

プラセンタには、それを乾燥して粉末化したものを紀元前の昔から薬として利用されてきた長い歴史があります。「古代ギリシャの医師ヒポクラテスは患者の治療に、また エジプトの女王クレオパトラやフランス王妃マリー・アントワネットは美容の為に利用したといわれます。中国では不老長寿の妙薬として歴代の皇帝たちが用いたとされています。」日本でも 1950年代以降にプラセンタ抽出エキス由来の注射や化粧品、サプリメントが開発され、近年 医療面、美容面でもプラセンタエキスに対する注目度が より高まってきています。

「多彩な栄養素を含む」

胎児の発育を支えるプラセンタは タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルの五大栄養素をはじめ アミノ酸、核酸(DNA,RNAなど)、ムコ多糖類(ヒアルロン酸など)、酵素、などの栄養素も含まれています。

「各種の成長因子も存在」

プラセンタがつくり出す成長因子は細胞分裂を活発にして胎児の細胞を各種の臓器へと つくり替えていく働きをします。その中の「肝細胞増殖因子」は肝臓だけでなく 他の臓器も修復、再生させることから再生医療の分野で大変 注目されています。

「プラセンタの薬理作用」

自律神経調節作用、

ホルモンを調整する作用、

免疫力を強化・免疫の働きを正常に保つ、

基礎代謝を活発にし 細胞や臓器などの働きを高める。

抗炎症作用。

肝臓の働きを強化し解毒作用を高める。

活性酸素による酸化・老化を防ぐ。

血液の循環を改善する。

アレルギー疾患を改善する。

関節リュウマチの症状を軽減。

肝炎・肝硬変などの肝障害の改善。

うつ病や月経前の体調不良、気分の落ち込み、肌荒れ、むくみ などにも効果が期待できます。

そして 女性を悩ませる不快な諸症状・・・更年期障害を緩和する。

美肌や美白などの美容効果(シミの予防と改善、シワ たるみの修復、乾燥肌や脂性肌 ニキビなどの修復も促します)

プラセンタの注射、サプリメントがありますが 注射は即効性があるとはいえ効果が持続する時間が限られているので、定期的に病院に通う必要がありますので多忙な人には無理な場合もあるでしょう。

また 注射は ある程度の痛みを伴いますし、わずかながらも皮膚を傷つけることにもなります。

こうしたことを考慮すると、健康増進やアンチエイジング、美容などの目的でプラセンタの効果を得ようとする方にはサプリメントが適しているのではないでしょうか。

サプリメントや化粧品には馬やブタのプラセンタが使われていますが 感染症に対する万全な安全対策が講じられています。

ブタよりも馬のプラセンタに含まれるアミノ酸や成長因子などがはるかに多いことから馬のプラセンタが高価で効果的だといわれています。

成分が 希釈されているものが多いのでプラセンタ純度100%のサプリメントがお勧めです。

キャネットで扱っているサプリメント NP-100の成分について

馬プラセンタ

純度100% 馬は人間の出産サイクルに近く アミノ酸数値はブタよりはるかに高い含有量、他のプラセンタの 296倍

ヒハツエキス

血行促進、冷え性に効果的で栄養と酸素を届けるため肌の衰え、シワ、たるみ、弾力低下、ほうれい線にも効果が期待できます。

低分子コラーゲンペプチド

通常の1/200の低分子で素早く吸収されます。コラーゲンの主成分プロリンは 718倍

ナツシロギク 成分パルテノイド

発毛・育毛・ツヤ髪に効果があるパルテノイドは 大阪大学医学部教授 富田教授が抗がん剤研究中に発見、癌の転移の抑制、関節炎、リュウマチを抑制することが確認された。副作用なくて効果が期待できます。

ミレットエキス

日本初上陸の毛髪補助成分。ヨーロッパでは医薬品として知られており副作用のない安全性から「飲む育毛剤」として浸透しています。

&nnbsp;

酵母エキス

肌の新陳代謝、細胞賦活に必要不可欠な物質です。

大豆イソフラボン

エストロゲン女性ホルモンと同じ働きをするので 更年期障害の緩和、骨粗しょう症の改善などに効果が期待できます。

ケラチン

髪の主成分は90%がケラチンというタンパク質で18種類のタンパク質からなります。髪のキューティクルを補正。

これらの有効成分を効果的に かつ 集中的に体の必要としている部分に必要な成分を送り込む 最先端の医療技術 ドラッグデリバリーシステム DDSを採用しており(京都大学 田端教授が発明 医療に生かされています)

通常は口から100%で入った成分が胃酸による変質で50%ぐらいに減少し、十二指腸で吸収される時には10%ぐらいになってしまいますが、DDSにより成分を100% 十二指腸に届け血液中に流します。

さらに シクロデキストリンを配合したことにより 成分を届けた後、体の不純物を吸着して排泄してくれます。

体と髪と肌に活力を与えるアンチエイジングサプリメントです。

いつまでも 若々しくキレイで いたい方の強い味方 になると思います。

商品の成分や効能をわかりやすく説明している動画です。

ぜひ ご覧ください。

NP-100(サプリメント)商品説明 http://youtu.be/yCggjf-_ueA プレビュー

サプリメントも いろいろあって 何が良いのか?よくわからず テレビ広告や ドラックストアの安売りなどで適当に選んでしまっている方!! 結構 いらっしゃると思います。 お気軽に ご相談下さい。

サプリメントと同じドラッグデリバリーシステム DDSを採用して、肌のバリア機能を通過し奥深く真皮層まで成分を届けることが出来る美容液も出来ました。

美容液の成分や効能をわかりやすく説明している動画です。

GF5エッセンス(美容液)商品説明 http://youtu.be/lOVzMt41bqM プレビュー

サプリメントアドバイス

「食事で摂れない栄養はサプリメントで」天然のものだけを食べて健康的に美しく生きるのが人間の本来の姿であり理想
栄養は基本的に食事で摂るもの、天然の食べ物から摂るべきですが、現実にはなかなかそうもいかないからサプリメントのお世話になるわけです。

原料もできるだけ天然のものを!

サプリメントの原材料もできるだけ天然のものを選びたいものです。
たとえば、ビタミンCを摂るなら化合成分より「アセロラ」や「レモン果汁」など天然ものと判る原料のものが理想です。

女性に圧倒的人気を誇るのが「コラーゲン」サプリ。

肌のハリとツヤ うるおいが失われシワが目立ち始めるのも年齢と共にコラーゲンが減少していくため。 それで、「肌が良くなった実感はないけど年齢と共に減少したコラーゲンを補おうと続けている」という人が多いのではないでしょうか。
コラーゲンは肌表面からは吸収されないので 「食べるしかない」? という一方で「コラーゲンを食べても体内で、ただのアミノ酸になるのだから お肉、お魚などのたんぱく質を食べるのと同じ」という説もあります。
コラーゲン研究が急速に進み 新たな説が登場しています。

コラーゲンはたんぱく質の一種

たんぱく質を食べると体内で分解されてアミノ酸になるが、コラーゲンは2、3個のアミノ酸が結合したコラーゲンペプチドになり血液中に吸収される。

コラーゲンペプチドが血液中を漂っていると真皮の下にある線維芽細胞が「コラーゲンが壊れている」と勘違いし「コラーゲンをつくれ!」という信号になるらしい というわけです。

「食事だけでは どうしても不足しがち」なのは オメガ3系の油。

オメガ3は非常に酸化しやすい油なのでソフトカプセルで包んであっても酸化によるダメージが心配です。
酸化しにくい製法でつくってあるか、酸化防止剤などの添加物が過剰に入っていないか、など吟味して選びましょう。
私は オメガ3系の油は チアシード、えごま油、シソ油、くるみ、アマニ油、緑黄色野菜、豆類などで摂るようにしています。
ローフードではこれらを使って調理します。
アマニ油のソフトカプセル入りサプリメントがありますが、できれば天然の生の材料を使った簡単で美味しいローフード料理で摂りましょう。
[オメガ3脂肪酸」は 脂肪酸というように油の仲間ですが 身体に必須の栄養です。
油は細胞膜や体内のホルモンの生成などに必要で とても重要な栄養素で、油が無くては人間は生きていけません。
しかし 油にも種類があり 摂取のしすぎやバランスの悪さ、間違いが健康に悪影響を与えます。
[オ メガ3脂肪酸」は 青魚に多いことが知られていて、DHAや EPAに体内で変換される重要な油で、 脳の細胞膜も構成しますが 、不足すると トランス 脂肪酸(マーガリン、ショートニング、植物性油脂、スナック菓子やクッキーなど、カレールウ、シチュールウ、マヨネーズ、インスタント食品、レトルト食 品、揚げ物や天ぷら、フライ 、唐揚げ などに含まれる)が脳の構成材料として代用されてしまい危険な状態になります。脳の細胞膜が不安定になり、脳の伝 達機能が衰えてしまいます。
英国オックスフォード大学のピュリ医師らは トランス型脂肪酸が脳に必要な酵素を破壊し、ADD(注意欠陥障害) や ADHG(注意欠陥多動性障害、じっとしていることが出来ず授業中でも動き回ってしまう)などを引き起こす大きな要因になると発表して以来、欧米で は 既に 「脳と心臓を破壊する油」として法規制をかけていきました。
シカゴ郊外では高齢者の認知症が高かった(2004年論文)とWHO(世界保健機構)は、トランス脂肪酸の害を総エネルギーの 1%未満とする目標基準を設けました。
デンマークでは 油脂 100グラム のトランス脂肪酸を2グラム 以下と規制しました。
2011年には「脂肪税」という規制で健康に悪影響を及ぼす食品に課税を行いました。 2012年には「チョコレート税」も設けたそうです。
ポテトチップスやアイスクリーム、菓子パンを日常的に食べて基準値を超過すれば…脳、心臓、腸は大きなダメージを受けます。
「砂糖」や「トランス脂肪酸」は 肌を硬くします。 動脈や毛細血管の流れを悪くし、硬化させます。 悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、ガン、免疫機能、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなどへの悪影響が報告されてます。
チアシードは 魚からではなく植物から 良質のオメガ3が豊富に摂取出来ます。毎日摂取が 大切です!!

女性ホルモン系、生理不順、更年期、代謝、自律神経系を整えるためには「プラセンタ」がお勧めです。

「植物プラセンタ」というものも出ていますが真のプラセンタは胎盤由来なので植物から抽出された成分には真のプラセンタが持つ成分は含まれていません。

「酸化」「老化」に勝つ!

生の果物はビタミン、ミネラルだけでなくデトックス作用のある食物繊維もたっぷりと含まれていて、抗酸化成分を一番多く含む皮の部分も丸ごと食べた方がよいのです。
生の果物や野菜を丸ごと使って酵素やビタミンなどを壊さないように生で食べるのが一番なんです。
赤ワインやブドウやベリー系の皮に多く含まれるポリフェノールの一種の「レスベラトロール」は長寿遺伝子を活性化し、老化を抑制することが証明され、今や「世界中が認めるアンチエイジング成分」となっています。
皮ごとブドウやプルーン、べりー系をミキサーでスムージーのようにして摂るのが良いですね。
最近 その栄養価が見直され大ブームとなっているのがチアシードです。
チアシードは自然のままの種で良質なオメガ3、たんぱく質、抗酸化物質、食物繊維など人間の体に必要な栄養素を効率的に摂取することが出来て熱にも強いので、さまざまな料理にも使える まさにスーパーシード、スーパーサプリです。毎日摂るといいです。

最近耳にすることが多くなってきました「酸化」だけでなく「糖化」という言葉

体に必要な栄養素の一つ「糖」ですが糖の過剰摂取により 体内の「糖化」が進むと美容や健康上 大きな影響が出ます。

糖化についてご説明します

糖化とは過剰な糖質摂取により血液中の糖の量が増え、処理しきれない余分な糖質がたんぱく質と結びついて AGE(終末糖化産物)という物質を作り出すことをいいます。
この糖化が たんぱく質である皮膚のコラーゲン繊維で起きると繊維の正常なつながりが壊されてしまいます 。
正常な構造を壊されたコラーゲン繊維は しなやかさや弾力性を失いタルミやシワなどの老化現象の一因となります。肌以外にも糖化によって血管や骨などのコラーゲン繊維も変異し弾力性を失い動脈硬化や骨粗鬆症を招くなど 体のさまざまな箇所に悪影響を及ぼします。
こうしたことから「糖化」イコール「老化」と考えられることがあります。
また、染色体を守る働きをしているテロメアという物質が老化と深く関係していると言われ、細胞分裂をくり返すたびにテロメアが短くなることが老化の原因の一つであると考えられています。
これは過食による影響も受けやすくドカ食いも老化を早める一因として気をつけるべきです。

糖化を防ぐために!

食後の血糖値が急激に上がらないようにすることが大切です。
食べ方の工夫をしましょう!
一つめは食べる順番です。
最初に血糖値の上昇をゆるやかにする食物繊維を含む野菜・果物などを食べ、次にたんぱく質である肉・魚、最後に糖質を含む炭水化物を食べるのが理想です。
甘いものを食べる場合も食物繊維を含むカロリー控えめの果物やドライフルーツ・ナッツなどがおすすめ。これらを使って作るローフードのスイーツは美味しくて最適です。
昼はしっかり 夜は軽めに
昼と比べて夜はエネルギー消費が少なく代謝も下がるので糖化の危険性が高くなります。夕食はできるだけ早めに済ませましょう。

血糖値を下げる工夫も

血 糖値は食後1時間ぐらいがピークになりますので そのタイミングで運動をすることで上昇した血糖値を下げることができます。階段の上り下り、家事、スト レッチなど体を動かして糖をエネルギーとして使いましょう。糖代謝を上げるために筋トレなどをして筋肉量を増やすことも効果的。
血糖値が急上昇しない低GIでエネルギーとなる野菜、果物、ナッツ類、チアシードを毎日摂り入れたいです。

できるだけ天然素材のサプリメントを味方にして仕事や家事で多忙な日々も
肌の調子を崩すことなく上手に活用し乗り切りましょう!!

チアシードについて

アステカ式ダイエットがアメリカでブームの兆し!!

古代アステカ帝国の兵士たちが戦力の源としていたチアシードを摂取するダイエット方法です。
毎日大さじ1~2のチアシードをとることで、良質なオメガ3(α-リノレン酸)、タンパク質、抗酸化物質、食物繊維など人間の体に必要な栄養素を効率的に摂取することができます。
また、水分を含むと約10倍に膨張するため、満腹感が得られます。


日本の女性誌でMilaが「美サプリ部門」第1位!

Milaは生のチアシードを特殊製法によって粉砕した自然のままの種なので、サプリメントなどの加工品ではありません。
アメリカでは、必要な栄養素は食品からとるのが主流になっています。


チアシードはシソ科サルビア属ミントのバジルシードの一種で学名をサルビアヒスパニカと言います。
原産はメキシコ南部で赤道を中心とした地域に生息しているチアという実の種です。
現在ローフード発祥のアメリカで新たなスーパーフードとして大ブームになっているのがチアシードです!
15~16世紀に栄えた古代アステカ帝国の人々が主食としていたチアシードは栄養価に富み彼らのエネルギーや判断力の源として大切な食料でした。
1978 年食物学者によってその驚異的な栄養価が認められリバイバルブームが起きています!!(FDA米国食品医薬品局によって健康に寄与することが認められてい ます)豊富な食物繊維、ビタミン、ミネラル、タンパク質、抗酸化物質、良質なオメガ3(αリノレン酸)が効率よく摂取できます。
オメガ3脂肪酸は天然のワイルドサーモンの8倍も含まれていると言われています。
チアシードに含まれるタンパク質は消化・吸収しやすく生で摂れますが加熱しても栄養価は壊れにくいのでパンケーキやクッキーなどに練りこんで焼いても小麦粉代わりにも使えます。
単純にヨーグルトや果汁に混ぜても無味無臭なので何に混ぜても美味しさと栄養を加えてくれる優れものです。
水分を含むと約10倍に膨れるためソースやプディング・スープなどとろりとしたなめらかさを出すことができ、満腹感が得られデトックス効果があるので栄養をきちんと摂りながらダイエットができるとアメリカでブームになっています。
満腹感があり間食を抑えてくれるなどの利点があるのはもちろんのことチアシードは一時的なブームだけに終らないとても優れた栄養分を豊富に含んだスーパーシードです。
チアシードはタンパク質、ミネラル、ビタミン、食物繊維、αリノレン酸などを豊富に含んでいます。
特に注目すべきはグルタミン酸、アルギニン、アスパラギン酸、バリン、ロイシンなど18種類のアミノ酸が含まれており、その中には 9種類の必須アミノ酸を全て含んでいます。
オメガ3は細胞膜を構成します。ヒアルロン酸と結びつき潤いを保つ効果がありますので粘膜を強くしたり美肌効果を期待できます。
GenesisPURE社のチアシードは他社の製品と比較しても群を抜く栄養価があります。

・天然の鮭の8倍のオメガ3
・牛乳の6倍のカルシウム
・ほうれん草の3倍の鉄分
・バナナの2倍のカリウム
・ブロッコリーの15倍のマグネシウム
・もみがらフレークの2倍の繊維
・インゲン豆の6倍のタンパク質
・アマニの種の4倍のセレニウム
・全乳の9倍のリン
・ブルーベリーより多い抗酸化物質

ORAC

(Oxygen Radical Absorbance capacity = 酸素ラジカル吸収能)
私たちが生活している中で、普通に酸素を呼吸しているだけでも活性酸素は発生します。
また、細菌やウィルス、化学物質が体に入ったり過度なスポーツをしたり、紫外線を浴びても活性酸素は生まれます。
(健康に生きるためには活性酸素を除去することが大切)
ORAC数値の高い食品を日頃から心がけて食べることは病気を避ける為にとても重要です。
※参考資料100gに対してのORAC指数
アサイ(フレッシュな状態のもので加工品は除いた場合)18500
チアシード8900(アサイは抗酸化が高いが加工品になると低下するチアシードは過熱してもこのまま)
プルーン5770
レーズン2830
ブルーベリー2400
ケール1770
ほうれん草(生) 1260(加熱) 909
ブロッコリー890

チアシードを摂取する必要性

・血糖値のバランスを整える(低GI )
・体に水分を補給する(水に浸水させてから飲むので 腸までそのまま届き 腸を潤す)
・活力を作り出す
・必要なオメガ3を補給する
・抗酸化作用を活用する
・毒素を取り除き規則正しいリズムになる
・ダイエットにつながる

下記のような効能が期待できます。

心臓の健康、アンチエイジング、体重減少(デトックス・ダイエット効果)、更年期、血圧の維持、血糖値の安定、胃腸、乳房、前立腺の健康、骨、関節(関節痛には早い効き目)、アレルギー、うつ、妊産婦の健康、発育期の子供の栄養、ペットの健康など
※健康への効果には個人差があり、それを保証するものではありません。
チアシードには毒性のある成分は無いので食用でも加熱の義務はなく種としてはとても柔らかく生でも食べやすい。
大切な家族の一員であるペットの健康のためにも水に混ぜたりエサに混ぜたり獣医さんも勧めています。
GenesisPURE 社のチアシード(Mila)は生の最高品質のチアシードを酸化しにくい特殊製法で粉砕しているため他社チアシード製品と比較しても栄養素の含有量が最も高 いというデータが出ています。熱に強く栄養分が加熱によって失われることが少ないのでさまざまな料理に活用できます。

※必須アミノ酸

・抗肥満アミノ酸(体内に入った油脂が分解・吸収されるのを防ぐ)
・脂肪燃焼アミノ酸(UCP<脂肪燃焼タンパク質>に働きかけ、蓄積された体脂肪の分解をサポート)
などがあると言われています。

※αリノレン酸

αリノレン酸とはオメガ3系の多価不飽和脂肪酸の一つです。
[オメガ3脂肪酸」は 脂肪酸というように油の仲間ですが 身体に必須の栄養です。
油は細胞膜や体内のホルモンの生成などに必要で とても重要な栄養素で、油が無くては人間は生きていけません。
しかし 油にも種類があり 摂取のしすぎやバランスの悪さ、間違いが健康に悪影響を与えます。
[オ メガ3脂肪酸」は 青魚に多いことが知られていて、DHAや EPAに体内で変換される重要な油で、 脳の細胞膜も構成しますが 、不足すると トランス 脂肪酸(マーガリン、ショートニング、植物性油脂、スナック菓子やクッキーなど、カレールウ、シチュールウ、マヨネーズ、インスタント食品、レトルト食 品、揚げ物や天ぷら、フライ、唐揚げ などに含まれる)が脳の構成材料として代用されてしまい危険な状態になります。脳の細胞膜が不安定になり、脳の伝達 機能が衰えてしまいます。
英国オックスフォード大学のピュリ医師らは トランス型脂肪酸が脳に必要な酵素を破壊し、ADD(注意欠陥障害) や ADHG(注意欠陥多動性障害、じっとしていることが出来ず授業中でも動き回ってしまう)などを引き起こす大きな要因になると発表して以来、欧米で は 既に 「脳と心臓を破壊する油」として法規制をかけていきました。
シカゴ郊外では高齢者の認知症が高かった(2004年論文)とWHO(世界保健機構)は、トランス脂肪酸の害を総エネルギーの 1%未満とする目標基準を設けました。
デンマークでは 油脂 100グラム のトランス脂肪酸を2グラム 以下と規制しました。
2011年には「脂肪税」という規制で健康に悪影響を及ぼす食品に課税を行いました。 2012年には「チョコレート税」も設けたそうです。
ポテトチップスやアイスクリーム、菓子パンを日常的に食べて基準値を超過すれば…脳、心臓、腸は大きなダメージを受けます。
「砂糖」や「トランス脂肪酸」は 肌を硬くします。 動脈や毛細血管の流れを悪くし、硬化させます。 悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、ガン、免疫機能、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなどへの悪影響が報告されてます。
チアシードは 魚からではなく植物から 良質のオメガ3が豊富に摂取出来ます。毎日摂取が 大切です!!

※リノール酸は 通常よく使用する油(コーン油、紅花油、ゴマ油など)や食品に多く含まれています。オメガ6系のリノール酸もプロスタグランジンを産生するのですがオメガ 6系の過剰摂取は飽和脂肪酸と同じようにコレステロールを上げたり過酸化脂質やアレルギーを起こす物質を作って健康を損なう弊害があるといわれています。 αリノレン酸はこのリノール酸の作用を抑制すると言われています。
出血を抑えるために血液を固める働きをもっておりオメガ3とオメガ6は体内の機能のバランスを保つため比率はオメガ3:オメガ6=1:3 or 4が理想とされています。

チアシードレシピはこちらへ

PAGE TOP
COPYRIGHT © 多摩区、川崎の美容エステです。しわ、たるみなどでお悩みの方。フェイシャルエステならキャネットへ! ALL RIGHTS RESERVED.