美と健康のコラム|多摩区、川崎の美容エステです。しわ、たるみなどでお悩みの方。フェイシャルエステならキャネットへ!

美と健康のコラム

シミやくすみ、ミドル臭(加齢臭)に 影響が出やすい「過酸化脂質」について

2018.06.25

シミやくすみ、ミドル臭(加齢臭)
影響が出やすい「過酸化脂質」について

 

 

過酸化脂質は

コレステロールや中性脂肪といった脂質が
活性酸素によって酸化されたもの。

これが蓄積され肌に居座るとメラニンが
変色しターンオーバーに悪影響が出でます。

シミ・くすみ・ニキビ・アトピー性皮膚炎・ミドル臭・・・

シミ. くすみ は紫外線だけが原因ではありません。

 

このような症状を感じていたら以下の
セルフケアをオススメします。

 

◎酸化した化粧品は使わない
(一年以上前のもの)
◎メイククレンジングや洗顔は丁寧に
◎黒ずみ・くすみの角質ケア
◎酸化した油・脂を食べない・使わない・塗らない(出しっ放しの醤油、翌日のカレー、昨夜の揚げ物の残り・・・)
◎抗酸化作用のある食材を摂る

 

◎活性酸素が脂質の酸化を加速するため、過剰な活性酸素を発生させない
(激しい運動など)

◎脂質を酸化させる紫外線などの環境もなるべく避ける

キャネットでは このようなアドバイスもしながら

個々のお客様に合った施術、効果、結果を重視して行なっています。

黒ずみ、くすみ、シミのケア、コラーゲン生成を促し、たるみケアに有効な施術をしています。

ホワイトニングというメニューでも ひとりひとりの お客様の状態に合わせて 施術方法を調整して行なっていますので

どのような肌状態でも ご相談下さい。

 

 

「みた目が老けて見えるのは」

2018.06.17

「みた目が老けて見えるのは」

みなさん、エイジングサインである
「たるみ・シワ・シミ」
どのサインが見ためが
老けて見えるかご存知ですか。

 

答えは「たるみ」です。

 

たるみが改善するだけて
10歳は若くみられる
というデータもありますからね。

では、「たるみ」
具体的にどんなことが
起きてしまうかと言いますと

コラーゲンの分解により老化が進むことです。

といっても、人の細胞は新陳代謝により

常に新しい物に生まれ変わりますので
コラーゲン分解は自らも日常で行われています。

ただ、たるみやすい方は
バランスが分解の方に傾きやすいため
同じエイジングケアをしていても たるみが出やすいのです!

ならば!自分のキレイを維持するためには
他の方と同じことをしていても間に合いません。

では、どんなセルフケアが

必要になってくるかと言いますと

 

①光老化の影響を受けやすいので紫外線対策強化!
②コラーゲンをつくる栄養を積極的に摂る
(タンパク質+ビタミンC)
③肌を強くするビタミンAの摂取
(食事やサプリメントなど)
④適切な 効果的な お手入れ

「たるみ」のための適切なお手入れ、

キャネットのホワイトニングは 肌細胞の代謝を活性化し、コラーゲンを生成していきますので  「たるみ」にも効果が期待できます。
ホワイトニングと組み合わせた「リフトアップ」の施術も相乗効果で改善していきます。
 
「たるみ」は、コラーゲンの生成に重きをおくことで、見ための

若々しさを実現しやすくなるのです。
スキンケアはビタミンAが
配合されているプロダクツがオススメです。
コラーゲン配合!は全く意味をなしません。
分子量が大きいため、肌表面を保湿して終わりです。

適切な効果的な施術とホームケアのアドバイス、体の中から

「食」のアドバイスもしながら結果の出るエステを行なっていますので 是非いらして下さい。

 

 

冷え性さんにオススメのお肉はコレ☆一日に◯gのタンパク質を摂ると効果的?

2018.05.28

冷え性さんにオススメのお肉はコレ☆一日に◯gのタンパク質を摂ると効果的?

タンパク質といえば
「お肉」を想像される方が多いのでは
ないでしょうか。

もしくは、積極的な目的があって
「プロテイン!」
なんて方もいらっしゃいますよね。
ようやく最近はプロテインも
筋肉増強ではなく、

美容や健康のために効率よく摂れる
サプリメント的な価値に
変わってきましたからね^^

さて、
タンパク質は大きく2つに分類されます。

 

◎植物性のタンパク質(豆・豆腐・ジャガイモ・そらまめ・そば・・・)
◎動物性タンパク質(魚・肉・卵・・・)

 

そして、高いエネルギーを放つ美しさを
望むなら、動物性タンパク質の方が
良質なタンパク質だからいいですよ!

クライアントさんに度々いただくご質問が
「どんなお肉がオススメですか?」

 

うーん、、、
目的によって様々なのですよね。

ただ、女子力を多方面から上げたい(美肌・冷え性・貧血・ダイエット・女性ホルモン)スローエイジング希望!

と、欲張り女子には
「赤身のお肉」がオススメです♡

赤身のお肉といえば、
牛・羊・鴨・イノシシ・・・

 

と、様々ですが、
中でも冷え性の方には
中医学的に羊肉(ラム)がオススメです。

 

ただ、一番手に入りやすいのは「牛肉」ですよね。

では、「タンパク質って
一日にどのくらい摂ったらいいの?」

こちらの質問も度々いただきます。

一般的に、体重1kgに対して1gが
1日に必要なタンパク質の目安です。

例えば、体重50キロの人ならば、
1日に50gのタンパク質を目安にします。

ここで気になるのが、タンパク質の量!

例えば牛肉。
100gの牛もも肉(皮下脂肪なし)のうち、
タンパク質はおよそ20g。
残りの80gは主に水分や脂質などになります。
焼き鮭は100g中、タンパク質は28g。

この辺りを目安にタンパク質の
バランスを考えてみて下さいね。

実際は、年齢や胃腸の状態
体質・体調によっても様々ですので

自分のカラダに合ったものを見つけるためにも

カラダの変化に気づけることが大切です。

胃がもたれる・・・
カラダがだるくなる・・・
もっと食べたい!
体力がついた!
肌の調子がいい!

同じ量をとっても人によって
反応は様々ですからね^^

乾燥肌が治らない

2018.05.02

乾燥肌が治らない
「寒かった冬が終わり  春というより初夏の気候になったのに
乾燥肌が治らない。」
という お悩みで新規のお客様に いらしていただきました。

乾燥肌のお悩みを
冬ではなく今、
相談していただいて
よかったーーー!!! 

なぜならば
今こそ潤しておくことが
お肌トラブルを回避するために
すごーく大切なことだからです。

 

なぜ、今かと言いますと
これから紫外線が強くなるから。

乾燥しているお肌は

紫外線の悪影響を受けやすく
シミ、シワ、たるみ
が出やすくなってしまうのです。

 

紫外線が もっともっと強くなる
これからの時期
冬よりもお肌にうるおいが
大切な季節なのです。

 

一方で、
できてしまった
シミや日焼け後を
白くもどしたい。

 

そのお悩みを解決する施術

と正しい ホームケアの方法、食事のアドバイスもしてます。

キャネット自慢の施術 「ホワイトニング」
1回でも 効果は実感できます。
「悩んで あれこれ考えているより早く ここに来れば良かった!」
と言っていただきました。
大人の女性たるもの、

さりげな〜く美白
したいじゃないですか? ね!

お待ちしております。

 

 

 

5月は 「心」の月

2018.05.01

 5月は 「心」の月
夏は心臓の季節です。    漢方では、心臓は 「精神」の中枢であり、すべての生命活動は心臓により統率されていると考えられています。この心臓に病変が生じると、動悸、恐怖、不眠、物忘れ、胸苦しさ、意識の混迷、あるいは、よく悲しんだり、また 笑いが止まらないなどの精神状態の乱れとして現れてきます。 

心臓の季節の味は、「苦味」で色は赤です。

夏には意識して 「心系に良い食材」 ニガウリ、大葉、銀杏、ミョウガなどの苦い味の食材、  ニンジン、いちじく、赤かぶ、岩下、サバ などを摂りましょう。

2 / 1612345...10...最後 »
PAGE TOP
COPYRIGHT © 多摩区、川崎の美容エステ、フェイシャルエステはキャネット。 ALL RIGHTS RESERVED.