美と健康のコラム|多摩区、川崎の美容エステです。しわ、たるみなどでお悩みの方。フェイシャルエステならキャネットへ!

美と健康のコラム

腎臓ほど、断捨離的な臓器はありません。

2015.07.02

腎臓ほど、
断捨離的な臓器はありません。
なにしろ、日におよそ
1000~1600リットルもの
血液が腎臓には流れ込んでゆきます。

 

そして、腎臓の中にある
「腎小体」というろ過装置にも、
1日160から170リットルもの
血液が流入します。

 

(2リットルペットボトル80本分以上です!)

 

それだけの血液をモニタリングし、
フィルタリングし、浄化して、
カラダを清潔に保ってくれているのです。

 

※ ※ ※

 

腎臓はご存じのように、
不要なものをおしっこにして
体外に排泄してくれます。

 

しかし、
1日に160リットルを
浄化するからと言って、

それだけの量の
おしっこが出るわけではありません。

 

(そんなに出たらカラダがなくなってしまいますね)

 

腎臓フィルタリングされた
「原尿」というものから、
尿として膀胱に送られる量は、
日にだいたい1~1.5リットル、
多くても2リットル。

 

…ということは、

 

ろ過された血液は、
ほとんどが再吸収されて
カラダに使われるということです。

 

※ ※ ※

 

160リットルのうちの

 

1%が尿に。
99%は再利用に。

 

この区分けをするために、
腎臓はそれはそれは細かく
血液を「吟味」しています。

 

カラダの中でもっとも直径の細い
毛細血管は腎臓にあります。

 

それを使って、私のカラダにとって
いるの?いらないの?って、
慎重に血液を取捨選択しているのです。

 

※ ※ ※

 

もちろん、カラダにとって、
血液とはまさに自分自身ですから、
今の今まで自分だったものを
手放していくのは「恐れ」が生じます。

 

その恐れを越えていかないと、
カラダはきれいに保てないように
なっているのです。

 

古くなった血液を
そのまま手放さずにおけば、
カラダの中の血液は汚れ、沈殿し、
ドロドロになっていきます。

 

むくみも起こりやすくなり、
カラダが重くなります。

 

※ ※ ※

 

カラダの腎臓が示すように、
あなたの生活もそう。

 

身の回りで、
なかなか捨てられないものは
あなたの人生を沈殿化させ、
重たくしてしまいます。

 

そうじ、書類・本棚の整理、そう、断捨離…。

 

腎臓を元気に保つには、
こうした身の回りのもろもろを
きれいに片づける習慣が大切なのです。
「それは分かっている!
困っているのは、【捨てる基準】が
見つからないということなのです!」

 

というあなたへ。

 

はい、吟味という字に
味わうという字が入っているように
あなたの選択能力の決め手は、
毎日とる食事にあります。

 

おいしいか、おいしくないか?

 

あなたの味覚を磨きましょう。
できる限り、あなたが心底おいしいと
感じられる料理を食べましょう。

 

おいしいと思える体験を増えた時、
あなたの取捨選択能力は、自然に
あがっているはずですから。

 

夏バテ解消!脂肪を燃やす!食材

2015.06.23

夏バテの解消法として有効と言われているのが

ビタミンB1とB2 とクエン酸です。

 

暑い夏には どうしても 食欲が落ちて、

冷やし中華や そうめん などの炭水化物に偏りがちですが、

炭水化物だけを食べていても、エネルギーには変わらないので

夏バテ対策には なりませんし、

クエン酸が不足すると 熱中症になりやすくなります。

 

炭水化物の消化には ビタミンB1、B2、クエン酸が必要です。

 

「ビタミンB1、B2をたくさん含む夏食材」...

豚肉(特に もも肉、ひれ肉) レバー、枝豆、豆腐、玄米、いわし

 

「クエン酸をたくさん含む食材」....

ゆず、グレープフルーツ、レモン、梅干し、酢

 
ビタミンB1、B2、クエン酸を同時に摂るのが効果的です。

消化を助け、代謝をあげ→  エネルギーになります。

カルシウムとビタミンD

2015.06.20

腸からカルシウムが摂取されるためには
ビタミンDが必要です。

 

人間の皮膚は、日光が当たると
ビタミンDをつくります。
このビタミンDが、カルシウムを
骨へ取り込ませる働きをするのです。
紫外線にあたらなければ、
ビタミンDはほとんどつくられないのです。

 

いくらカルシウムを食べても、
ビタミンDが足りなければ、
吸収効率が悪いため
カルシウムはあまり吸収されません。

 

そして
血液中のカルシウム不足を補うため、
骨が溶けてしまいます。
カルシウムやビタミンDの摂取が
大腸がん予防に関連していることは、
日本ではあまり知られていませんが、

1990年代後半以降に発表された
欧米の前向き大規模研究から、
カルシウムが大腸がんの発生リスクを
低下させるという報告が相次いで
発表されました。

 

また世界がん研究基金と
米国がん研究協会が10年ぶりに
改訂した2007年の報告書では

「カルシウムはほぼ確実に
 大腸がんを予防する」

という結論に至っています。

 

国立国際医療研究センターの
溝上哲也先生らは、

2000年から03年にかけて
福岡市およびその近郊の
大腸がん入院患者836人と
非大腸がんの住民861人を対象に
調査を行い、

148食品の摂取頻度と摂取量、
職業(歩行を伴う仕事かどうかなど)、
喫煙、飲酒、日常生活での活動量などを
聞き、大腸がんのリスクとの関連を
調べました。

 

日光によくあたる人とあたらない人で、
ビタミンDの摂取量と大腸がんの
リスクを解析してみると、

日光にあまりあたらない人では、
食事からのビタミンD摂取と
大腸がんリスクの低下の関連が
はっきりしていることがわかりました。

 

つまり内勤の人など、
日光にあまりあたらない人について
見れば、食事からのビタミンD摂取が
重要だということを示しています。
たしかに紫外線がシミやシワの原因に
なることはわかっているので、
過度に日光を浴びることは
皮膚にダメージを与えるので
避けるべきです。

 

しかし実は、日本人の女性の
がんの第1位は大腸がんです。

 

日光に当たると皮膚で大量の
ビタミンDがつくられますので、
がん予防の観点からも
適度な日光浴は大切です。

 

シミ、シワが減るのがいいのか、
大腸がんのリスクを下げるのがいいのか、

どちらを選択するかは
それぞれの価値観です。

電気つけたまま寝ると

2015.06.03

先日のことなんですけどね、
やってしまいました…

 

仕事が終わって家に帰り、
ベッドに突っ伏したまま、
電気をつけたまま寝てまして。
ああああぁ…電気代が(*_*;

 

っていうセコい考えもありますが
嘆くべきはそこじゃありませんで。

 

この電気つけたまま寝るっての、
思った以上に深刻みたいなんです。

 

というのもですね…

 

電気を消して眠った場合、
私たちの脳は大量のメラトニン
別名:睡眠ホルモンを生産し、
覚醒→睡眠へと切り換えて、
自然に眠りを誘ってくれます。

 

電気消し忘れたら…
コレが台無しになるわけで。

 

また、電気をつけたまま眠ると
目をつぶっていても目が光を
感知してしまうため、カラダは
起きていると錯覚してしまう…と。

 

目をつぶってても、
周囲が明るいか暗いかって
わかりますもんね(^_^;)

 

しかも、、、

 

2013年に奈良県立医大の研究者が
真っ暗の部屋で眠れない人が
豆電球を点けて寝ることに対して
豆電球の明かりが肥満に繋がる
可能性があるという結果を発表…

 

眠っている間に光が当たりすぎると、
メラトニンの精算が抑制されて、
それによって眠りのリズムが崩れて、
代謝が下がって、太りやすくなる…

 

光が生体リズムに影響を及ぼして、
食欲が強くなったり、中性脂肪が
高くなる「脂質異常症」に繋がる…

 

若返りホルモンとも言われる
メラトニン生産量の低下は、
早期老化にもつながる可能性が…

 

オハイオ大学の研究では、
ランプを付けたまま眠ると、
日中、気持ちが冴えなくなる…
ひーーーーー∑(゜д゜lll)
ということで、今日から
しっかりと暗闇の中で
眠りにつきたいと思います。

 

電気消し忘れる…っていう
ちょっとしたうっかりミスが、
想像以上におそろしいことで
焦りましたが、調べてみると
とてもいい勉強になりました。

 

しかし、、、

 

眠るのって、当たり前すぎて
人間の生理的欲求でもあるし、
あまり意識しないところですが…

 

小さなことでも毎日の睡眠に
大きな影響を与えている…
(※しかも日々繰り返しです)

 

 

PS
ちなみに、ある女性1670人を
対象に行った実験によれば、、、

 

完全な暗闇で就寝していたグループと、
明るい光の中で就寝していたグループを
10年間追跡し比較調査したところ、
光の中で就寝していたグループは
もう一方より、乳がんの発症リスクが
22%も高かったことが判明したのだそう。

 

改めて…睡眠って大事ですね。

 

お布団に入ってからも
スマホでゲームしたり、
ブログやFacebookを見たり、、、

 

あれも強い光を受けているので
睡眠には良くないんですよね。

 

寝る1時間以上前は
テレビやスマホから離れる
習慣もつけたいものです、、、

私たちが「眠る」という行動をするとき

2015.06.02

私たちが「眠る」という行動をするとき

 

体内時計を調整する役割がある
「セロトニン」という脳内物質と
睡眠ホルモンと呼ばれる
「メラトニン」が関係していることは
ご存じの方も多いかもしれません。
「セロトニン」
朝起きた時に自律神経に働きかけ、
交感神経を刺激して、
体内時計のズレをリセットしてくれます。

 

また、
ココロのバランスを整える作用もあり、
セロトニンが不足すると、
うつ病や不眠症を引き起こす
とも言われています。

 

「メラトニン」は、
太陽光や人工的な強い光を浴びると
脳内で生成され、
だいたい14時間後に分泌されます。

 

メラトニンが分泌されると、
体温や脈拍、血圧を下げて
眠気を誘発します。

 

朝起きてから太陽の光を浴び、
夜になると自然に眠くなる
という、人間の自然な生活リズムを
つくっているということです。
そして、
この2つの物質の材料とされているのが
「トリプトファン」と呼ばれる物質です。

 

この「トリプトファン」が不足すると、
不眠症などの睡眠障害やうつ病を
起こしたりする可能性があります。

 

このトリプトファンは、
体内で作り出すことができず、
食べ物から摂取する必要がある
「必須アミノ酸」の1つです。

 

牛乳や大豆、ごま、プロセスチーズの他
肉類や赤身の魚にも含まれています。
セロトニン、メラトニン、
トリプトファンが正常に分泌され
それに合わせた生活ができていれば、
質の良い睡眠がとれるでしょう。
しかし、現代人の生活リズムは
そう簡単に合わせることができません。
あなた自身が快適な睡眠をとるために
具体的に何をどうしたらいいのか?
あなたの今の心理状態を知り、
快適な質の良い睡眠を手に入れて
お仕事や日々の生活が今よりもっと
満たされたものになりますように。

 

ぐっすりと眠ることができれば
睡眠中に成長ホルモンが分泌されて、
お肌の調子が良くなったり
カラダや脳の疲労回復につながります。

 

それが
「人生のパフォーマンスを上げる
 ココロとカラダの修復法」です

18 / 20« 先頭...10...1617181920
PAGE TOP
COPYRIGHT © 多摩区、川崎の美容エステ、フェイシャルエステはキャネット。 ALL RIGHTS RESERVED.