美と健康のコラム|多摩区、川崎の美容エステです。しわ、たるみなどでお悩みの方。フェイシャルエステならキャネットへ!

美と健康のコラム

ヨーグルトやチーズより発酵食品

2015.04.10

ヨーグルトは発酵食品の代表で、

ブルガリアや
カスピ海沿岸のコーカサス地方など、
長寿の地域でよく食べられ、

ヘルシーフードとして
最近さらに人気です。

ところが、
ヨーグルトは発酵食品なのに、
実は体を冷やしてしまいます。

また、腸内細菌の組成を
腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)
といいますが、

これは個人差が大きく、
人はそれぞれ自分だけの細菌叢を
持っているといわれています。

ヨーグルトに含まれる善玉菌が、
その人の腸内細菌になじまなければ、
菌は生きられません。

インドでは体を冷やさないように、
ヨーグルトをカレーに混ぜたりして、
温めて食べる習慣があります。

ヨーグルトを温めたら、
善玉菌が死んでしまうと思われる人も
いるかもしれませんが、

なにも善玉菌は
生きている必要はないのです。

死んだ善玉菌の菌体は、
腸の中にもともと存在する
善玉菌のエサになるからです。

花粉症を治すときに使う善玉菌は、
死んだ菌のほうが有効だという
論文もあります。

腸は副交感神経とダイレクトに
つながっていますから、

ストレスなどで副交感神経の働きが
下がると、とたんに腸の動きが
悪くなってしまいます。

そのため、ストレスを感じやすい人は、
便秘や下痢になりやすいのです。

常習性の便秘は少食が原因の場合が
多いので、しっかり食事をとることです。

穀類・根菜類・イモ類・豆類など、
食物繊維を含む食品を
意識してとってください。

食物繊維には、水に溶ける水溶性と
溶けない不溶性があります。

とくに水に溶けない不溶性食物繊維は、
腸に達するまで水分をたっぷり吸収し、
大きく膨れることで腸を刺激、
便をやわらかくして排泄をうながします。

不溶性食物繊維は、
大豆、いんげん豆などの豆類、
玄米、大麦などの穀類、
ゴボウ、トウモロコシなどの野菜類、
キノコ類などに多く含まれます。

下痢も便秘も、主因の1つは冷えです。

どちらもおなかが冷えて血行が悪くなり
腸が十分に働かなくなることで
起こりますので、体を温めておくことが
大切です。

日本人は牧畜民族ではないため、
もともと乳製品をとっていませんでした。

そのため、日本人は欧米人に比べて
乳糖を分解する能力が極端に低いので、
ヨーグルトやチーズよりも、
和風か東洋風の発酵食品のほうが
適しています。

発酵食品をとりたいなら、
味噌、しょうゆ、酢、納豆、ぬか漬け、
キムチなどがおすすめです。

これらは体を温めてくれますし、
善玉菌を増やすのに効果的です。

マクドナルド&マクロビ

2015.03.28

マクドナルドのハンバーガーを
ひと口30回噛んで食べるのと

マクロビオティックの玄米菜食を
ひと口5回噛んで食べるのでは…

どちらが健康にいいでしょうか?

元神奈川歯科大学教授、斎藤滋氏の
著書「噛めば噛むほど13の奇蹟」
には次のような記述があります。

卑弥呼は1食3990回噛み、
1回の食事時間は51分でした。

徳川家康は1食1465回噛み、
1回の食事時間は22分でした。

戦前の日本人は1食1420回噛み、
1回の食事時間は22分でした。

戦後の日本人は1食620回噛み、
1回の食事時間は11分です、、、

家康から戦前まで、約300年以上
経過しましたが、噛む回数に
大きな変化はありません。

ところが戦後50年という短い期間で
家康に比べて半分以下しか噛まない
食文化ができてしまっているのです。

私達は自分の命を維持するために、
他の植物や動物の命を「食べ物」
としていただいていますよね。

ところが、食べ物も「命」ですから
自己防衛機能があり、食べられないよう
毒素を持っていることも多いのです。

たとえば、ジャガイモの芽には
ソラニンという自己防衛の毒素が
含まれているのは有名ですよね。

植物は、この毒素を持つことで
無制限に食べられることを避けて、
種の存続をはかっている面もある。
だから、穀物(玄米)や野菜にも、
毒素が含有されているものです。

この毒を含んだ植物を「食べ物」に
するには、食べる人間側が毒消しを
しなければならないのですが…

その毒消し役として
活躍するのが「唾液」です。

唾液のパワーを侮るなかれ。

実際、国立がんセンターの研究で、

「手術して切り取ったがん細胞に
9歳の男の子の唾液をかけたら
次の日には正常な細胞に戻った」

なんていう研究結果もあるんです。

どんなに素晴らしい玄米や
有機栽培の野菜を食べても、
よく噛まないで唾液が十分に
分泌されないと解毒できない。

* *

唾液が持つ驚くべきパワーと、
食べることの「意外な意味」を
改めて認識させられました。

食事の時、よく噛んでますか?
早食い大食いの私には耳が痛い話なんですが ( 汗 )

ひと口目だけでもよく噛めば、
唾液はしっかり分泌されます。

子供の頃「よく噛んで食べなさい」
と、誰もが教わったと思いますが、
忙しい現代社会に生きる私たちは、
改めて意識する必要がありそうです。

現在、食の情報は溢れてます。
カラダに悪いものを減らすのは、
確かに素晴らしい心がけです。

しかし、あまりに過敏になって、
有害な添加物を100%避けようと、
窮屈な食生活を送るよりも…

人間のカラダの機能に感謝して、
よく噛んで美味しく食べるように
心がけるほうが…幸せじゃないか
と、思うのですが…

いかがでしょうか?

この変化の多き世の中で、
その変化に適応してくれている
私たち人間のカラダというのは…
改めて「凄いな!」と思いますね♪

おなか 冷たくないですか?

2015.02.13

川嶋朗先生のメルマガをシェアさせていただきます。

冷えている自覚のある人もない人も、
朝、起きぬけに自分のおなかに
手のひらをあててみてください。

ひんやりしているようなら、
いまやっている健康法が体を冷やして、
逆に病気を呼び込んでしまって
いるかもしれません。

体の冷えは、実はさまざまな体の
トラブルを引き起こす深刻な症状です。

「なんとなく体調がよくない」
「疲れやすい」
「肩こりや腰痛がつらい」
「メタボ気味で血糖値や血圧がちょっと高め」

などなど、あらゆる不調や病気の原因は
「冷え」にある場合が多いのです。

実際、具合が悪い人の体は
たいてい冷えきっていて、

私の外来に来る患者さんの多くが
「冷え(低体温)」を訴えます。

東洋医学では、
診察をするときに「腹診」
(おなかに手をあてて診断する方法)
を行いますが、

私のこれまでの臨床経験からいっても、
うつ病、不妊症、がん患者の方の
おなかは、ほぼ全員冷えています。

ひんやりとしていて、
とても普通ではないと感じます。

* * *

なぜ、体を冷やすのが問題なのか。

人間の体内では
生命活動を維持するために、
さまざまな酵素が活動しています。

細胞の合成や分解、
食べ物を体組織とエネルギーに換える
代謝などもすべて酵素の働きですし、

酵素には脂肪やタンパク質、糖の分解や
インスリンの生成を担うものもあります。

この重要な酵素が最も活発に
働いてくれる体温は36.5から37度で
体を冷やして体温が1度下がると、
酵素の働きが50%以下に
落ちてしまうものもあります。

そのため、低体温では
「タンパク質の合成酵素」が働かず、
体に必要な物質がつくれません。

また、
「糖や脂質が分解できない」
「インスリンが十分に生成されない」
となると、糖尿病や脂質異常症など
代謝性の病気を呼び込みかねません。

さらには、人間がもともともっている
がん遺伝子(プロト遺伝子)を修復する
酵素の働きも悪くなり、がんのリスクを
高めてしまいます。

健康のために不可欠な酵素の活性
決めているのが体温だといっても、
過言ではないのです。

16 / 16« 先頭...1213141516
PAGE TOP
COPYRIGHT © 多摩区、川崎の美容エステ、フェイシャルエステはキャネット。 ALL RIGHTS RESERVED.