美と健康のコラム|多摩区、川崎の美容エステです。しわ、たるみなどでお悩みの方。フェイシャルエステならキャネットへ!

美と健康のコラム

肌のシミ、くすみ解消に役立つ食材

2017.04.15

紫外線を浴びた肌につくられたメラニンが、加齢や生活習慣などによって、新陳代謝が正常に行われず肌にとどまると、シミやくすみの原因になります。
また、汚れの蓄積、血行不良、乾燥も くすみの要因です。

肌のくすみ解消に、カボチャのβ カロテンが役立ちます!

βカロテンは活性酸素を除去する抗酸化作用が高い栄養素です。

カボチャはβ カロテン(体内でビタミンAに変換されます)
ビタミンC、 ビタミンE をバランスよく含み 、肌のターンオーバーがupし、肌を若々しく、美しく保つための栄養素が豊富です。

むくみをとるカリウムや、腸内環境を改善して便秘を予防し、肌の調子も整える食物繊維も多く
効果を発揮します。
主成分は炭水化物のため、砂糖を控えて調理するといいです。

ターンオーバーが乱れるとメラニンがとどまり、肌トラブルの原因となるため、
新陳代謝を促す成分を摂ることが大切です。
新しい細胞を生み出す力となるビタミンA (緑黄色野菜やレバー などに)、
皮膚の発育を促すビタミンB群(大豆、豚肉、卵など)、
ビタミンC(淡色野菜、果物など)
亜鉛(牡蠣)
肌の角質層に存在し保湿や美白効果のある セラミド(こんにゃく、ブロッコリーなど)があります。

運動や食事で血行不良を改善し、肌の保湿を心がけて乾燥を防ぐのも大切です。

目の印象は、見た目の年齢を大きく左右します

2017.04.01

脳は 身体に取り込まれた酸素の 20%〜 25%を消費しますが、
その際、 大量の活性酸素を生み出してしまいます。

目は、脳から 一番近い神経 (視神経 )です。
脳内の酸化が 目にも悪影響を与え、目の疲れが また
脳にも悪影響を与えます。

現代病と言われるほど
毎日、「 スマホやパソコン」に囲まれた生活です。
「目元のメイク」も 悪影響を与えます。

「脳の老化、目の老化」→ 「見た目の老化」
に影響してきます。

「目の印象は、見た目の年齢を大きく左右します。」

キャネットの 「目元専用エステ」は
脳に働きかけ、視神経の疲れを取り、 血行促進、
目の周りのコラーゲンを増加させ、
まぶたの筋肉のリフトアップに、効果があります。

是非  お試しください。

「水素吸入」も、
活性酸素を除去、疲労回復、若返りに効果があります。

キャネットの、水素吸入は 水素濃度 99.99%の高濃度で
10分吸入で水素水5リットルの飲用に値します。
「水素吸入」も 是非お試しください。

春です。 美肌と、 魅力的な目元で 若々しく元気に
ウキウキとお出かけしませんか!

7日で変わる! お疲れ老け顔をマイナス5歳化!!

2017.02.17

みずみずしい透明肌は どこへやら。食い止められない老けサイン。
加齢スピードに逆らうには 継続的な努力が必要。

すぐに結果が出た20代のスキンケアが階段を昇るようなものだとしたら
40代半ばからは  エスカレーターを逆行していくようなもの
自分では頑張っているつもりでも、その場しのぎのエイジングケアしか出来ません。

老け顔阻止は継続しなければ意味がないので
「大人肌を若返らせるならスキンケアだけでは負け戦です。
当店なら自宅でのスキンケア、食事、生活習慣のアドバイスと
本格的な肌改善の施術で、見た目マイナス5歳は すぐです」

たまに「毎日フェイスマッサージを欠かさない」 なんて美容熱心な方が居ますが、
実は これも老け顔助長行為のひとつ。
摩擦はシワやたるみの原因になるので、自己流セルフケアは百害あって一利なし です。

難しいことも、継続できないような高額な費用がかかるようなことも
勧めたりしませんので 是非 気軽にご相談下さい。

「7日で変わる、1ヶ月後には自信に繋がる、お疲れ老け顔をマイナス5歳化」
させましょう!

頬、目元のたるみ 、シワ、しみ、ツヤのないカラカラ肌
鏡を見れば顔中悩みだらけ.  .  .なんてことから抜け出しましょう!

 

ビューティフードをいただきましょう!

2017.01.08

お正月も終わり、
昨日は七草粥でしたね。

先月から何かと忘年会、クリスマス会、
そしてお正月と外食が続き、1年の中でも
アルコー%

肌がキレイな人は内臓がキレイ!!

2017.01.06


あなたは、便の成分を
ご存知でしょうか?
そんなの知らない?

%で言いましょう。

70%が水分、
固形成分は、30%です。

そして、その固形成分のうち、

33%が 食べ物のカス
33%が 腸内細菌
33%が 消化管の古くなった粘膜上皮細胞などという割合です。

まず驚くのが、便の総量のうち
10%は、粘膜上皮細胞
・・・つまり自分の細胞なんだという事実!

毎日、便をすることで、
自分のカラダが、
剥がれ落ちているというわけです。

いや、はがれ落ちるというよりは、
「食べかす」をくるりんとコーティングして、

ほどよくかためて
滑り出やすくしてるんです。

うーん、と
きばっても出ない
便秘のような時は、

あなたの大腸の粘膜細胞の
製造が追いついていないとき
かもしれない、
と考えて見てくださいね。

食べたものを分解し、
吸収とそれ以外にわけ、
それ以外から腸内細菌への
養分をとりだし、

その残りに水分を
足したり引いたりして加工し、

最終的には自らの粘膜細胞で
パッケージして便にする・・・

排泄なんていうと
あとはどうでもいい
というニュアンスが
ついてまわりますが、

どちらかと言えば、
加工過程なんです、
便の。

大事ですよね。
あなたのおなかが今日、
どんな便を加工しよう     としているのか・・・?

ちょっと想像しながら
その製造・加工過程に
なるべくよい材料を提供できるよう、
食材を意識してみましょう。

便ができる工程って、まるで
自分のカラダの中に工場が
あるみたいですね。

便や排泄について、
こんなふうに勉強すると
カラダに対する愛情や尊敬の気持ちが湧いたり

食べ物に対する考え方が変わったり、
便秘などの悩みを
解決できる糸口が見つかるかもしれませんね。
肌がキレイな人は内臓がキレイ!!
美肌のためにも、 食のこと  便のこと  考えてみて下さいね。
PAGE TOP
COPYRIGHT © 多摩区、川崎の美容エステ、フェイシャルエステはキャネット。 ALL RIGHTS RESERVED.