美と健康のコラム|多摩区、川崎の美容エステです。しわ、たるみなどでお悩みの方。フェイシャルエステならキャネットへ!

美と健康のコラム

ホルモンバランスの崩れは肌に影響が!

2018.03.07

***ホルモンバランスの崩れは肌に影響が!***
 
 
少し前まで正月気分と思っていたら、あっという間に季節は春へ。入学、入社、転勤、など新生活へ区切りの時期です。寝不足や食事の時間の変動などが起こり、生活サイクルが変わることからストレスを感じてしまうかも。これらが原因でホルモンのバランスに影響を及ぼす可能性があるので、体調を含めしっかり管理しておきたいですね。
女性らしい美しさをつくるのが2種類の女性ホルモンです。体内では卵胞ホルモンの「エストロゲン」と黄体ホルモンの「プロゲステロン」が約28日周期でバランスを保ちながら分泌されています。これが不規則な生活を送ることで、ホルモン分泌の乱れを起こしてしまうのです。
この2種類のホルモンバランスは、私たちの肌の状態に大切な役割をもっています。特にエストロゲンは、「美のホルモン」といわれているだけあって、体内外の美しさをつくるものです。その中でも顕著に表れるのが肌の変化。ホルモンバランスが崩れると、皮脂の分泌を活発にして吹き出物や肌荒れを起こしてしまう可能性があるのです。

実は 私自身が最近気になっていたのが髪の生え際付近を中心に広がる肌荒れ。ヘアカラーをして時間が経っているし、「今頃になって、なぜ肌荒れ?」と不安になっていました。これではいけませんね。

***ビタミン豊富!美肌のための旬な食材***

肌の調子を整えるには、ビタミンB群の栄養素を含む食材が欠かせません。取り入れるのであれば、ぜひ旬のものを意識して選びたいですね。

・サワラ

漢字で「鰆」と書くだけあって、春を告げる魚のひとつです。

皮膚の新陳代謝を促すビタミンB2が豊富に含まれています。肌、髪の毛の細胞を作って成長を促進します。また、ビタミンB6はたんぱく質の分解と合成に必要な栄養素。皮膚の抵抗力を高めてくれるので、皮膚への刺激による炎症予防にも。

・カツオ

この時期のカツオは鹿児島から漁が解禁されてくる「初鰹」。

魚の中ではマグロに次いでビタミンB6の含有量が多いです(100g当たり0.76mg)。カツオは回遊魚。赤身の部位にはイミダゾールジペプチドという疲労回復の物質が含まれています。活性酸素の働きを抑える働きもあるので、仕事で疲れている時もおすすめです。

・デコポン

ハウス物よりも露地物が多く出回る時期です。

フルーツといえばビタミンCですよね。美肌に欠かせないコラーゲンの生成を助け、皮膚の抵抗力を高め、ハリを保つことができます。数多くある柑橘の中で、なぜデコポンを選んだかというと、唯一「全国統一糖酸品質基準」である、糖度13度以上、クエン酸1.0%以下などの条件を満たさないとデコポンとして出荷できないのです。そのため酸っぱすぎたり甘みが足りなかったりすることがないんですよ。

 

肌の主成分であるたんぱく質とビタミンCを一緒に摂取することで、コラーゲンの生成が促成されます。サワラやカツオはたんぱく質も多く含まれているので、献立にサワラの西京焼きやカツオのたたきを用意して、デザートはデコポン、なんてメニューもよいですね。

 

生活環境の変化は柔軟性が大切。ストレスをため過ぎず、無理をせず、楽しい春をむかえましょう。

 

 

DHCプロテインダイエットで作るピザ

2018.01.12

食事を置き換えるダイエットは   一時的に痩せても、

普通の食事にするとリバウンドしてしまいます。

置き換えではなく、プロテインダイエットを利用して

グルテンフリー、糖質オフの料理  ご紹介します。

DHCプロテインダイエットで作るピザ

プロテインはとても優秀で
サンドウィッチやパンケーキとしても
代用できちゃうんです。

そこで今回は私が一番の
オススメな食べ方、

プロテインで作る
ピザのレシピをご紹介いたします。

 

【材料】

生地

卵 (5つ)
天然塩(少々)
プロテイン (2、30g)
豆乳(少し)

具材(好きなものでOK)

ケチャップ
ベーコン
ピーマン
マッシュルーム
ミックスチーズ

 

【作り方】

1.まずは卵白と卵黄にわけ、
卵白は天然塩お少し入れメレンゲにします。(メレンゲが硬くなるように)
またオーブンを200℃に温めておきます

 

2.卵黄に豆乳とプロテインを入れ、
ダマが残らないようにかき混ぜ、
そこにメレンゲを合わせます。

 

3.混ぜたものを鉄板に均等にならします。

 

4.200℃のオーブンに約5分焼いたら、
オーブンから取り出し、
ケチャップとピザの具材を並べて
再度10分~15分程度焼きます。

 

出来上がったピザはこちら↓

 

これ全部食べても糖質10g以下なのです。
生地には糖質が入っていないので、
ケチャップや具材の糖質だけ!!

 

低糖質ダイエットしている方にも
本当にオススメです(^^)

私もこの生地を作りおきして
サンドイッチやパンとして食べてます(^^)

簡単なのでぜひお試しくださいね!!
食べて綺麗に体を絞りたい人
は参考にしてくださいね。

IMG_1039 (1)

IMG_1040

 IMG_1041
 IMG_1042
 IMG_1043 (1)

視力を落としているのは白砂糖のせい?

2017.11.12

視力を落としているのは白砂糖のせい?

近年、近視の人が増えている傾向があると
感じているのは私だけではないかと思います。一度悪くなってしまった視力は
なかなか自力で回復させることがとっても困難です。

一般的には、「暗いところで文字や画面をみる」
「ゲームのしすぎ」「勉強のとき姿勢が悪い」などの原因で

視力が悪くなる、悪くなったと言われておりますが、
では、そもそも視力低下の原因が食べ物にあるとしたら?

白砂糖は酸性食品の代表ですが、摂取すると、
中和するために体内のカルシウムやミネラルを奪ってしまい、

さらに分解させるためにビタミンB1を消費してしまいます。

体内カルシウムが不足すると毛細血管を収縮させ、
筋肉の働きを悪くします。

その影響を一番受けてしまうのが
繊細な毛様体筋という筋肉のある目になるそうです。

そしてビタミンB1の欠乏は、
貧血や疲労、記憶障害にもつながります。

さらに白砂糖は体を非常に冷やしていきます。

視力に大切なのは「血流」ですから、いかに血液の流れを良くし、
体を温めて代謝をよくするかにあるかと思います。

白砂糖の摂取をやめただけで、目によいのはもちろんですが、

白砂糖は、糖尿病、低血糖、精神病などなど、
病名をあげたらきりがないほど、ありとあらゆる不調へと繋がって、
重い病気を引き起こしています。

白砂糖は急激な血糖値の上昇を引き起こし、
血糖値のアップダウンが激しくなりますから、
それはまさにイライラや癇癪、喧嘩の原因にもなります。

自分の心とは裏腹に、口にしたくない言葉や態度をとって、
周りの人を悲しませることにもつながっていきます。

オーリングテストでも、
砂糖を手にすると力が入らない体験ができますが、

体内に入るということは、
砂糖水を血管に流しているようなものです。

砂糖水は電気を通さないとうことから、
神経伝達ができなくなり、良い気を通さない、鈍る、
ということにもなっていきます。

判断力、決断力、仕事や人生の中で
とっても大切なエネルギーを失わないためにも、
そして、視力の大切さは、悪くなってからでは苦労が絶えません。

近視もそうですが、老眼も筋力の低下からきますので、
毛細血管を収縮させないように気をつけましょう。

お酢の5つの効果

2017.09.11

腸内環境を整えてくれ
便通がよくなり
・便秘解消!

利尿作用があり体内の余分な水分や
老廃物も排出されるので
・むくみの解消!

疲労回復のスピードが上がったり
・新陳代謝アップ!

血液がさらさらに
冷え性に効果があり
・体温もアップ!

肌色をよくしたり
くすみを解消したりとの
・美肌効果!

きっと大好きどころか
手放せなくなる!

お酢を単独で飲むダイエットは
1日に15~30ml
お酢を食事の後

なぜ食後がというと…

お酢は
食欲を増進させる
効果があるので

食前に摂るとかえって
食事量が増えてしまい

ダイエット効果が
得られなくなるかも
知れないからです。

酵素的には
ピクルスがオススメ!
お野菜をピクルス酢に漬け込むと
酵素が活性化!

しかもそのまま
保存食

小腹が空いたらポリポリ
お弁当にもいいですよ!

夏の日差しに負けない素敵な食材

2017.08.30

夏の日差しに負けないお肌になるために、
素敵な食材をご紹介させていただきます。
暦の上では秋でも、まだまだ紫外線真っ只中の季節。

日焼け対策されている方は多いと思いますが、
朝からフルーツ大好きなあなた、

ヘルシーで健康的で、
ビタミンCもたっぷり摂取できているから、
私は美肌を保てるわ。
と信じ切っていませんか?

そしてフルーツを必ず摂取する、
この時期とっても美味しくいただけるスムージーにも
大きな落とし穴があることをご存じでしたか?

もちろんフルーツには
たくさんのビタミンやミネラル、食物繊維が含まれます。
カラフルで可愛らしく、そして甘くて美味しい。

水分が多いし、ジューシーでヘルシーなイメージから、
フルーツがすきな人は多いですね。

ですが、フルーツには果糖などの糖質も
かなり多く含まれていることを忘れないでください。

果物に含まれる糖質は果糖とショ糖で、
果糖は中性脂肪として肝臓にストックされます。

そしてAGEs(終末糖化産物)という老化物質を作り出し、
その量はブドウ糖の10倍にも及んでしまいます。

シミ・シワをはじめ、細胞の老化に繋がる原因となっています。
そしてフルーツの中でも柑橘系のオレンジやグレープフルーツなどに
多く含まれるソラレンという成分が、
実はシミを作りやすくしてしまっています。

女性が好みそうで、美肌作りに取り入れているはずの食材に、
ソラレンが多く含まれているのです。

ソラレンが多く含まれる食品
・ レモン、オレンジ、グレープフルーツ、みかん、キウイ、いちじく、アセロラ、
ライム、人参、きゅうり、セロリ、みつば、パセリ、しそなど。

同じフルーツを摂取するのであれば、
糖質が少なめのベリー系(クランベリー、ラズベリー、ブルーベリー)
などがいいでしょう。

私はこの事実を知る前から、
自然とスムージーをいただく場合は必ずベリー系。

ときにはケールや小松菜ベースのグリーンもいただきますが、
甘くないのがすきでした。

そして、フルーツは贈り物でいただく以外は、
自宅で摂取することは一切ありません。

それよりも、日本人であれば、
麹菌などで作られた発酵調味料や発酵食品で美肌になりたいですね。

1 / 1412345...10...最後 »
PAGE TOP
COPYRIGHT © 多摩区、川崎の美容エステ、フェイシャルエステはキャネット。 ALL RIGHTS RESERVED.