美と健康のコラム|多摩区、川崎の美容エステです。しわ、たるみなどでお悩みの方。フェイシャルエステならキャネットへ!

美と健康のコラム

冷え性さんにオススメのお肉はコレ☆一日に◯gのタンパク質を摂ると効果的?

2018/05/28

冷え性さんにオススメのお肉はコレ☆一日に◯gのタンパク質を摂ると効果的?

タンパク質といえば
「お肉」を想像される方が多いのでは
ないでしょうか。

もしくは、積極的な目的があって
「プロテイン!」
なんて方もいらっしゃいますよね。
ようやく最近はプロテインも
筋肉増強ではなく、

美容や健康のために効率よく摂れる
サプリメント的な価値に
変わってきましたからね^^

さて、
タンパク質は大きく2つに分類されます。

 

◎植物性のタンパク質(豆・豆腐・ジャガイモ・そらまめ・そば・・・)
◎動物性タンパク質(魚・肉・卵・・・)

 

そして、高いエネルギーを放つ美しさを
望むなら、動物性タンパク質の方が
良質なタンパク質だからいいですよ!

クライアントさんに度々いただくご質問が
「どんなお肉がオススメですか?」

 

うーん、、、
目的によって様々なのですよね。

ただ、女子力を多方面から上げたい(美肌・冷え性・貧血・ダイエット・女性ホルモン)スローエイジング希望!

と、欲張り女子には
「赤身のお肉」がオススメです♡

赤身のお肉といえば、
牛・羊・鴨・イノシシ・・・

 

と、様々ですが、
中でも冷え性の方には
中医学的に羊肉(ラム)がオススメです。

 

ただ、一番手に入りやすいのは「牛肉」ですよね。

では、「タンパク質って
一日にどのくらい摂ったらいいの?」

こちらの質問も度々いただきます。

一般的に、体重1kgに対して1gが
1日に必要なタンパク質の目安です。

例えば、体重50キロの人ならば、
1日に50gのタンパク質を目安にします。

ここで気になるのが、タンパク質の量!

例えば牛肉。
100gの牛もも肉(皮下脂肪なし)のうち、
タンパク質はおよそ20g。
残りの80gは主に水分や脂質などになります。
焼き鮭は100g中、タンパク質は28g。

この辺りを目安にタンパク質の
バランスを考えてみて下さいね。

実際は、年齢や胃腸の状態
体質・体調によっても様々ですので

自分のカラダに合ったものを見つけるためにも

カラダの変化に気づけることが大切です。

胃がもたれる・・・
カラダがだるくなる・・・
もっと食べたい!
体力がついた!
肌の調子がいい!

同じ量をとっても人によって
反応は様々ですからね^^

PAGE TOP
COPYRIGHT © 多摩区、川崎の美容エステ、フェイシャルエステはキャネット。 ALL RIGHTS RESERVED.